きのうからどんどん、さんと夏季のおわり将来の?が頭から離れない

乳児の幼馴染が上3ヶ月で転校することになりました。。。
女子はわたしの3才年下で、考えも合って仲良くお社交していたので我々も残念です。
「近年」こういうときは「近年」しか無くて、永遠に貫くものは無いと身は思っていて、だからこそ「近年」を大切にしようと始終思っています。
そう分かっていながらも、漠然と心のどこかで乳児とその幼馴染さんの拡張をずーっと見続けられると思っていた自分に驚きました。
おや、良識ってやはり乏しいんだなあ、と再び感じました。
さぞ乳児も思っていたことでしょう、その子どもと一緒に良識みたいに小学生を終了し、その子どもと一緒に良識みたいに中学生へ進学して、ハイスクールはもしや別々に患うかもしれないけれど、家は隣席だし良識みたいに風貌は集めるだろうって。
でも、そういった未来は来ないのです。
「おはよー!」と日毎シャッターをたたく旦那の元気な意見が聞けなくなると思うと果てしなくうら淋しいだ。
やり切れないと大泣きやる乳児を「離れたら仲間じゃない?離れても絶えず仲間です?」と
抱き締めながら諭しながらぐっと涙は持ち堪えたのでした…。
夕刻ひっそり泣きましたけどね(^_^;)
おかげで今日は目がぼっこり腫れてます…。